<2018年>学ぶの勝手に論文グランプリ(単離・構造決定分野、基礎研究・理論・計算系分野、総説)

ようやくここまできましたグランプリ記事。
これ作るのかなり疲れるんですね。。。
うんたん先生お疲れ様ですwww
結局自分の備忘録がてら作っていることもあるので、なんとか終わらせたいところ。
ということでラスト行きます!

単離・構造決定分野

みなさんご存じ結晶スポンジ法。
藤田誠先生はノーベル賞をいつか取る、そう学ぶは信じております。

このチオグリコシド構造、単純かつ非常に面白いと思いました。しかもラクトン。
そして、アミノ酸ユニットでもあるという、素晴らしい構造。

こちらの化合物、骨格もそれなりに組んでいながらハロゲン化されていて合成しにくそうだなあと思って面白さを感じました。

こちらはシクロブタン・シクロプロパン環を有していながら複雑な構造であるという点から選定しました。

硫黄よ、恐ろしや。ただそれだけ述べるにとどめておきます笑

はしご型分子の構造決定論文。こちらの化合物を全合成する強者はいつ現れるか!?
(Burns先生かなと勝手に予測笑)

こちらも小さい分子ながら非常に作りづらそうなアセタール構造を持っていたので選定。

これもまた複雑な骨格です。
ここまでくると平面構造書かれても全くわからないですよね笑

2018年単離・構造決定分野のグランプリ

かの有名なpalau’amineのブロモ体が単離されました。
palau’amineだけでも合成困難と言われている中、その類縁体が単離されたとなるとこれを全合成できるのはその研究に関わってきた人が最短となるのではないでしょうか。
学ぶの予想というか願いとしては難波先生に合成をして頂いた上でSARに加えて頂きたいです。
(完全な勝手な独り言です笑)

基礎研究・理論・計算系分野

計算というか統計解析というかまだまだ学ぶにはわからない分野ですが、絶対読みたいと思う論文だったのでセレクション。
そろそろ臨床だとかいろいろな分野を学ぶために統計学を学びたいと思っている次第です。

ホウ素NMRのケミカルシフトの計算論文。
計算手法自体も多少振っていて、実験屋さんが利用するのにレファレンスするには良いのではないでしょうか。

計算結果が実験系を表せているかどうかは読者自身にお任せするとして、こういった網羅的な計算によって評価している論文というのはさほど多くありません。
この論文まだ学ぶ自身深く読めていませんが、どこが不十分でこういった計算した方がよかったなどの議論も含めて読む価値はあるのではないかと感じました。

予想はされますが、ヨウ素がベンゼン環のπ平面に対して垂直に、トリフルオロメチル基のフッ素はベンゼン環の酸性水素との水素結合に、など図で見ることができるので理論的な分野でのこういった研究は見物だと思いました。

S-π相互作用とO-π相互作用についてしっかりとした比較がなされており、計算化学を行うものにとっても基本的な分子間相互作用について学ぶことのできる論文です。

エバンスアルキル化や補助基を用いた不斉アルドールなどもきちんと考えていて一般的な反応を基礎的にしっかりと見るという大事さも含めて選定。

これに関しては全く解説ができません!ただこういった分野を学びたいと思ったからです笑
どなたか詳しい方解説ツイートないしはブログでの解説記事待ってます!
(自分で書け)

されてそうでされてなかったんだなあって感じですが、学びになりました。

2018年基礎研究・理論・計算分野のグランプリ

基礎研究・理論・計算分野のグランプリに選んだのはこちらのろんぶんです。
合成反応の熱的エネルギーについてはみなさんきちんと考えてますでしょうか?
発熱反応なのか、吸熱反応なのか、発熱ならばかなり発熱するのかどうかなど気にしなければいけないところが多いと思います。
ではそれをスケールアップした場合にはどうなるでしょうか。
そういったことをしっかりと考えるいいきっかけにもなりますし、今までも考えてきたよって人にも学びがある論文と思い今回グランプリに選ばせて頂きました。

是非皆さんも一読あれ!

総説

全合成で総説って珍しいと思ったので選定。

キュバンの合成法自体を学べるだけでなく、その利用例も見られると言うことで医薬系の研究を行う方が読むにはいいと思いました。

続いてこちら。
不斉ホスフィン触媒についてかなり多くの例が示されていて、いい総説だなと感じました。

担時型不斉触媒を用いたエナンチオ選択的フロー合成についての総説。
ペリカス先生のの専門分野。素晴らしい内容と思い選定。

自分でまとめたいと思っていてもなかなかできない化合物の合成法比べ。
こういうReviewが増えて欲しいですね。

この辺はM1あたりにいいのかなあと思いました。専門外の学ぶにとっても面白いと思えました。

これは非常に良い総説でした。
ニトロ基ついた医薬品の歴史まで書いてあるのでオススメです。

まるで教科書のようにみやすくまとまっていたのでオススメ総説に選定。

生物無機創薬といってもいいこの総説、金属屋でバイオにも興味出てきたよっていう人はこういうところから手をつけると良いのかも知れません。

グリーンケミストリーを学ぶにあたっても、自らの化学がグリーンケミストリーで押し出せると考える方にとっても呼んでおくといい総説に思えました。
またレファレンスにもいいと思い選定。

シキミ酸誘導体が全合成で用いられていることは多くありますが、そのビルディングブロックとしての有用性を感じさせてくれる総説はなかなかありません。
学ぶもビルディングブロックの引き出しを多く持って、素晴らしい逆合成をしたいものです。

こちらはヒストンメチル基転移酵素阻害剤の総説です。
構造がどのように変遷していったかまで記されており、初心者が読むにも大変いい総説と感じました。

これは準グランプリ、というか1位2つにしたいと迷ったくらいです笑
π–カチオン相互作用はカチオンとπ電子との間に生じる安定化相互作用ですが、アリールとアリールが重なっていることをπ–π相互作用によって安定化していると誤った解釈をする方が非常に多いので、この論文をきちんと見て判断して頂きたいなと思って選定しました。
π–カチオンというのは軌道論だけでなく電子論でも説明ができる相互作用です。
一方でπ–π相互作用というのは、ロンドン分散力などの最も弱い部類の分子間力が巨大分子単位まで積み重なったときに(無視できないほどに)大きくなるために用いられることの多い相互作用です。
確かにπ–π相互作用していても、その他の電子反発などの電荷性相互作用に勝らないものを議論している方が多くいらっしゃいます。
みなさんもだまされないようにしましょう。
(といっても学ぶも実験側の理論計算者ですのであくまでそぐう結果が得られるにはと考えております。ただそれと間違った理論を唱えるのは異なると考えていますので。。。)

こちらもグランプリ最終段階まで来た総説。
セコ-プレジザアン骨格を有する天然物は非常に複雑でその合成自体が非常に挑戦的であります。
一方で神経作用を示す化合物が多いことからこれから医薬品リード化合物としての期待があります。
でもそんなに複雑な化合物、薬になんてできないだろって思う方もいらっしゃるかと思いますが、別になってるものはなってるんですよね(パクリタキセルとかエリブリンとか)。
ですので、そういったことは今考えてもしょうがないんです、できないことをできるようにするのが科学の醍醐味ではないでしょうか?
この総説内でとびきり光る合成をしているのはShenviとMaimoneです。
近年参入した両者の合成は合成自体鮮やかかつ端的な方法です。
特にShenviは既に企業とタッグを組んでSARに取り組んでいるそうです。
今後に期待の分野、ぜひ総説でご覧あれ!

現在、アメリカにて問題となっている(もう古い?)、オピオイドクライシスについてしっかりと学べるのではないかと思います。

さてここから一挙に医薬系の総説を。
サイクリン依存性キナーゼ2阻害剤についての総説です。

こちらは自己免疫疾患と炎症に効くPI3Kγとδ阻害剤の発展についての総説。
PI3Kというのはよく聞くと思いますが、それにも様々あるのでこういったところから抑えていくのはありかも知れませんね。

こちらはClass1 PI3Kについての総説。
先の論文と合わせてみてみるのもありですし、こちらの論文の良いところは臨床候補と阻害剤デザインがわかりやすく記されていたところです。

こちらは打って変わって非核酸系逆転写酵素阻害剤についての総説。
学ぶもNNRTI知りませんでしたが、こういう総説をきっかけに知っていくというのをいいと思います。

2018年総説のグランプリ

文句なしのグランプリはこちらでした。
まず、チタンが入っていること、そしてチタンが入っていること。
っと学ぶの個人的な理由を先に述べさせて頂いた上でしっかりとした総説の評価を述べさせて頂くきます。
執筆者がLutz Ackermann先生と遷移金属の大家でありながら今回の総説260ページ近くと教科書単位の量を書かれていること。
これは文句なしのグランプリです。
みなさんも是非お手元にどうぞ!

関連記事

2件のコメント

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください